お知らせ

2018年5月25日
"荒川崖線巡検 -赤いハケ沿いの秘密を探る" 講習会のお知らせ

新緑のまばゆい季節となりました。皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、本年度の後援会行事(講習会)では、講師に帝京平成大学の小森次郎先生 東京都立戸山高校の内記明彦先生をお迎えし ①多摩川・荒川がつくる地形 ②縄文・中世・江戸の地形利用 ③明治期の産業 をテーマとした野外学習を行います。

  • 1, 期日:平成30年5月27日(日曜日)午前9時〜午後3時(予定) 小雨決行
  • 2, 集合場所と時間:JR田端駅南口 午前9時集合
  • 3, 行程:田端駅南口前(旧石神井川の地形をチェック)→田端操車場(荒川低地を歩く)→中里貝塚(旧砂浜)→上中里駅→平塚城跡(平塚神社)→地震の科学館(見学10分、トイレ)や西ヶ原一里塚→飛鳥山博物館(見学1時間、トイレ)

    ※雨天以外は飛鳥山公園で昼食 飛鳥山公園(関東ローム、明治の工業地帯遠望) 醸造試験所跡地(河川争奪による逆川)→音無さくら緑地(石神井川の蛇行跡:一次解散)→北区中央公園(トイレ)→十条銀座商店街(二次解散)→清水坂公園→赤羽駅(最終解散・午後3時を予定)

    ※全体で9.8kmあります。見どころが多く長丁場なので音無さくら緑地で一次解散、まだ歩ける人は十条銀座商店街、さらに歩ける人は赤羽駅で解散になります。

  • 4, 持ち物・服装:歩きやすい靴、念のため折り畳み傘(昼食は途中コンビニなどで各自購入してください)
  • 5, 参加費用:無料 ただし飛鳥山博物館 観覧料300円(65歳以上150円)は各自でお支払いください
line
ページの先頭へ